2021年を振り返りと2022年の目標

f:id:arane:20220112225008j:plain

 

普通こういうのは年末にやると思いますが、正月の澄んだ気持ちであらためて振り返ってみます。

 

 

2021年3月、会社で部署移動をしました(印刷会社に勤めて4年が経ちました)。立ち位置としてはDTPデザイナーと言われる部分にあたる仕事を担っています。異動前はいわゆる校正や画像修正・レタッチ作業を行なっていました。photoshopIllustratorは趣味で使ったり、練習で学んだりしていたおかげで(過去の練習作品)異動後にロゴのトレースやモノクロの印刷物タイトルの作成・レイアウトに携わらせてもらえるようになりました。Indesignも少し使うようになりました。まだまだ、学びの日々です。

 

 

初夏は正社員登録をしました。

自分は二十歳の時にイベント会社の大道具(正社員)として働いていたましたが、一年半で辞めてから(高所恐怖症が乗り越えられなかった)アルバイトとして今のところに入社して働いていました。会社員というものに抵抗があったけど、逃げてばかりじゃダメだなと思い、変化させました。正直に言うと、良いことばかりではなかったけれど、苦手意識を持っていた電話の応答が多少できるようになったことや、報告書・マニュアル作成などの書類作成仕事が何回かあったおかげか、ブログが段々と書けるようになりました。数をこなしたのが良かったのかもしれないです。

 

 

11月は一人暮らしをはじめて2年が経ちました。

コロナの始まりと共に一人暮らしがはじまりました。

引っ越し先の環境をある程度調べて決めたものの、賑わっていた商店街にはシャッターが降り、お気に入りの喫茶店は閉店し、イベントは中止、週末には宗教勧誘の人が訪れるようになり、部屋のエアコンをつければ虫やゴキブリが侵入してきました。

想定していた生活はことごとく覆り、一人の時間が増えたけれど、そのおかげでyoutubespotifyNetflixを利用するようになり、海外の推しができたり(Billie Eilishのファンになりました)今まで聞かなかった曲や洋楽、洋画、韓国映画・ドラマをみるようになり、家事をするときはワイヤレスイヤホンでラジオを聞くようになりました。

周りの環境は狭まったけれど、見聞きする文化やアーティストの幅は広がって、日本にいながら海外の文化を追いかけられて、不思議な感覚になりました。

 

 

11月はもうひとつ、はてなブログの10周年特設ページに自分のブログが掲載されました。

f:id:arane:20220103000201j:plain

記念撮影画像。赤枠部分に載りました

10周年お題に答えたブログがランダムで選ばれて掲載されました。

 

www.erirhythm.com

 

ブログ投稿数が少ないけれど自分の記事が載って、はてなブログって面白いなあと、少し楽しくなりました。

 

 

 

去年に引き続き継続して制作していたのは絵とGIFanime。

本職でDTPデザイナーをやっていて、たまに「やっぱり絵も描けるようになったほうがいいの?」と質問されますが、自分は本職では全く絵は描きません。ただの趣味でのんびりと描いてます。GIFをやっているのは、短い時間で・ループして、限られた条件の中で作るのが結構楽しいからです。

2021年は全然制作できなかったけれど、作品はTwitter@iamerirhythm)かInstagramerirhythm_)に投稿しています。

 

12月にはコンテストにも参加しました。

 

投稿された方達の制作物が素敵で、とても勉強になります。

 

自分が作ったのはこちら。

 

人生初の映画風ポスター制作。

作品は風の又三郎を題材に選び、全てPhotoshopで作りました。

結果は受賞ならず。けれど落ち込むよりはこれからもっと表現力を磨こうとやる気とワクワク感出てきました。

 

 

正月休みになり、実家に戻ってきて記事を書いています。

今すごく感じるのは自分の肩の力が抜けている感覚があります。

コロナ禍になり、一人でいるのは割と好きな方なので、周りの人たちが "大変な年だった"と言う割には、私は私の楽しみを見つけて楽しめていると思っていました。

けれど苦手意識を抱いていた縦社会に入り、頭を抱えることが下半期に立て続けに起きて、一年が終わり、新しい年が来たことに、時間が流れていることに、自分もまた安堵しているのかもしれないです。

 

年が明けたからといって、何かが大きく変わることはないかもしれないし、よくなるかもしれないし、今以上に悪い状態になるかもしれない。

社会がどうなるか分からないから、自分の活動や勉強は淡々と積み上げていこうとおもいます。

 

 

 

改めて、2022年もErirhythmをよろしくお願いします。

暖かく見守っていただけたら嬉しいです。

 

2022年01月03日 

ハナノ恵里花